メニュー

オウンエージェント養成講座

ご要望にお応えして、オウンエージェント養成講座を企画いたしました。

直販から代理店に移ったのに「損害保険はからっきし」となってしまう募集人さんを多く見かけます。それは、代理店に入ったときに損害保険の研修はあるのかというと、各保険会社に順番で自社のセールスポイントを説明してもらい、あとは損保に詳しい人とコラボして?案件を振ってやってもらって?と、いうだけで、実務を行えるまでの知識を習得する場はないようです。

しかし、損保に詳しい人に案件を振ってといっても、私が損保の案件を共同募集でやって欲しいと頼まれたとしても、生命保険の担当者が決まっている発展性のない損保だけの案件なんて、募集人どうしの人間関係でのボランティアであり、積極的に案件を振って欲しいなんては思えません。生損保のスペシャリストであれば、できればやりたくはないと思うのではないでしょうか。

また、生命保険のソリシターさんは、とても親切な方も多いのですが、損害保険のソリシターさんや事務担当の方は、そうではないと感じる方も多いのではないでしょうか?
分からなくて困って電話をしているのに、つっけんどんに突き放されてしまい、萎えてしまった方もいるのではないでしょうか。
損保会社の事務担当の方の気持ちを考えれば、残業が厳しく管理されるなかで、共通言語も分からないような人からトンチンカンな電話で時間をとられてばかりでは、嫌気がさすのも分かります。
こんなことから苦手意識をもってしまい、損保なんてやりたくないと思ってしまったのかも知れません。また、損保など取り扱わなくても十分な手数料が得られるから、という方も多いと思います。しかし、乗合代理店に移ったのであれば、自分の売りたいものだけを案内するのではなく、お客様に必要なものに最良の提案ができなければ、お客様のオウンエージェントにはなれません。苦手意識を持つ前に、損害保険のノウハウも習得して欲しいと思います。

一方、生命保険に関しても、それまで所属していた保険会社のルールが業界全体のルールだと思い込んでしまっている方も多いのですが、驚くほど保険会社ごとのルールはことなります。また、乗合代理店に所属したからには、「複数の保険会社の商品を比べて、もっとも保険料の安い商品を提案しよう」では、どうなのでしょうか。
直販の時には、そんな保全対応うちの保険会社じゃできないわ!と、聞き流していたことも、理解していなければ商品選択もできないのです。
価値ある保険商品の選択ポイントと注意点をいっしょに考えてみたいと思います。

少人数制で1泊2日とたっぷり時間をとっています。講義の途中で話を止めて質問していただいて結構です。聞き流すセミナーではなく、使いこなせるまで理解を深めていただけるように進めていきたいと思います。

代理店に転向予定の方、代理店に転向した方、すでに長い間代理店に所属している方でも、
あなたが乗合代理店に所属したメリットを、お客様に享受していただくために、保険料比較ではない価値ある保険の選別と活用方法を考えて行きたいと思います。
保険の代理店をされている税理士さんも、登録のない税理士さんも、ぜひご参加ください。

申込はこちら

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME